忍者ブログ

真に悟った人


白山道さんのブログの2014年9月1日の記事に共感しました。“一人寂しくても大丈夫です”というタイトルの記事です。感想の冒頭から共感します。『自分なんて、社会の隅に目立つこともなく、今自分が消えてもだれも気付かないし、だれも悲しまないだろう。と、現代社会では思う人が多い事でしょう』と。間違いないです。反対に、成功者と言われる人々は、肖像画を会社に残したり、自分の銅像を多くの人々の目に触れる場所に残したりすると。釈尊の理想、“真に悟った人”はどちらの人物に近いか。
―誰にも知られることもなく、陰でひっそりと死んでいく人の中にこそ、真に「尊い人」が存在する―と仰っているそうです。白山道さんは、“自分はひとりであり、誰にも無視されているからダメだと思わないでほしい”と仰っています。記事には、「成功した人には、上記の無名にこだわる人が逆に多いのです」とあります。それも、「突出した」「ケタ違いの」成功者が^^。

ポーターのスモーキーのネット販売
吉田カバン スモーキー
吉田カバン ウォレット

ボルボのエステートV70
VOLVOステーションワゴン
パーツ交換 VOLVO
VOLVO 擦り傷
240シリーズ VOLVO
PR